ここから本文です

平成24年度点検・評価 個別評価表(11)

作成・発信部署:教育委員会 総務課

公開日:2013年8月12日 最終更新日:2013年8月16日

11 学校版環境マネジメントシステムの導入(総務課)

(平成24年度事業計画) 第1部 目標4-3

事業の背景・目的

 三鷹市環境方針に基づき、市立小・中学校における環境保全活動の推進と環境負荷の低減に向けた取り組みの推進を図るとともに、施設管理に求められる環境関連法令の順守を徹底するため、学校版環境マネジメントシステムの導入を図り、環境負荷の低減に向けた取り組みを推進する。

平成24年度の目標

 平成23年9月から実施しているモデル校3校(大沢台小学校、羽沢小学校、第
七中学校)の評価・検証を踏まえ、全市立小・中学校に学校版環境マネジメントシステムを導入する。
 システムを円滑に導入するため、校長・副校長を対象とした研修を実施するほか、学校を巡回し、環境関連の法令順守が求められる設備等の確認を行う。
 導入後、実施状況の検証を行い、より効果的かつ効率的な運用に向けて検討を行う。

指標

  • 学校版環境マネジメントシステムの全市立小・中学校への導入
  • 実施状況の確認・検証と改善

平成24年度の取組状況

 全市立小・中学校で基本目標等の設定や教職員の研修を実施し、学校版環境マネジメントシステムの運用を開始した。
 5月末から6月末にかけて全校を巡回し、実施状況および環境関連の法令順守が求められる設備・備品等(ボイラー、コンプレッサー、毒劇物など)を確認し、学校ごとに環境関連法規制チェックシートを作成し、各校において適正な管理を行うことができた。取り組みの状況をエネルギー使用量に照らし点検評価したところ、学校ごとに多少削減状況が異なるものの、導入初年度であることや空調設備整備の状況等も踏まえると、全体として順調な運用がなされていることが確認できた。

平成24年度の事業の評価(A~Cの3段階評価)

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

A 目標が達成できた

今後の取組・課題

 今後は、実態に合わせて様式及び手引きについて必要な見直しを行うとともに、児童・生徒の主体的な取り組みを奨励する表彰制度を導入する。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

教育委員会 総務課 総務係
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀九丁目11番7号
電話:0422-45-1151(内線:3213~3215) 
ファクス:0422-43-0320

総務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る