ここから本文です

平成24年度点検・評価 個別評価表(18)

作成・発信部署:教育委員会 総務課

公開日:2013年8月12日 最終更新日:2013年8月16日

18 南部図書館(仮称)の整備の推進(図書館)

(平成24年度事業計画) 第2部 目標3-1

事業の背景・目的

 図書館施設サービス網の一層の充実を図るため、三鷹市立図書館の五つ目の分館として、新川・中原地区に南部図書館(仮称)を整備する。南部図書館(仮称)は、公益財団法人アジア・アフリカ文化財団が建設する施設の一部を借り上げて三鷹市が整備するという手法で開設し、同財団、アジア・アフリカ図書館及び専門学校アジア・アフリカ語学院と連携・協働し、その文化的資源を生かすことによって、ほかではできない特色ある図書館事業を展開する。

平成24年度の目標

 平成23年度に策定した市民会議等による意見を反映した基本設計に基づき、内装工事の実施設計を確定する。また、公益財団法人アジア・アフリカ文化財団と協働に関するパートナーシップ協定を締結するとともに、アジア・アフリカ図書館が所蔵する郭沫若文庫等の貴重資料の調査研究を進める。

指標

  • 南部図書館(仮称)内装工事実施設計の確定
  • 公益財団法人アジア・アフリカ文化財団と協働に関するパートナーシップ協定を締結
  • 郭沫若文庫等の貴重資料の調査研究

平成24年度の取組状況

 南部図書館(仮称)基本プランに掲げている基本コンセプトを実現するとともに、児童のためのコーナーを拡充するなど、市民会議等の意見を踏まえ、実施設計を確定した。パートナーシップ協定は、同財団、三鷹市及び三鷹市教育委員会の3者の役割及び責務を明確にし、平成24年8月30日に締結した。
 また、郭沫若文庫等の貴重資料の調査研究は、同財団とともに調査研究を進め、展示方法の確定に向けた方針を策定した。

平成24年度の事業の評価(A~Cの3段階評価)

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

A 目標が達成できた

今後の取組・課題

 平成25年度は、建物賃貸借契約及び郭沫若文庫等貴重資料の使用貸借契約の内容を確定し、契約締結するとともに、開館に向け、3万冊の図書資料及び備品等の整備を進める。開館後は財団との協働事業を実施するとともに、ボランティアを活用し、多様な図書館事業を展開していく。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

教育委員会 総務課 総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目35番28号
電話:0422-45-1151(内線:3213~3215) 
ファクス:0422-43-0320

総務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る