ここから本文です

平成24年度点検・評価 個別評価表(19)

作成・発信部署:教育委員会 総務課

公開日:2013年8月12日 最終更新日:2013年8月16日

19 図書館サービスの充実(図書館)

(平成24年度事業計画) 第2部 目標3-2,3

事業の背景・目的

 多様な利用者に対応する資料及び情報の収集と、迅速・確実な提供のための環境整備を行い、図書館サービスの充実を図る。また、みたか子ども読書プラン2022に基づき、子どもが読書に親しむ環境の整備を推進し、子どもの自主的な読書活動を支援する。

平成24年度の目標

 みたか子ども読書プラン2022に基づき、子どもの読書環境の整備と自主的な読書活動の支援を行う。また、「はじめての絵本(ブックスタート)事業」については、子ども政策部との連携を行い、事業の拡充を図る。さらに、図書館が所蔵する紙媒体の資料についてデジタル化を行い、市民サービスの向上を図る。

指標

  • 子ども政策部の「こんにちは赤ちゃん事業」と連携した「はじめての絵本(ブックスタート)事業」の実施
  • 図書館が所蔵する市政情報などの紙媒体の資料についてデジタル化を実施

平成24年度の取組状況

 「こどもカウンター」(児童レファレンスサービス)を週1回から3回に拡充したほか、おはなし会や映画会、講演会、講座等を行った。併せて中・高校生世代に対するサービス等の充実に向けての検討を行った。また、子ども政策部の「こんにちは赤ちゃん事業」による乳児家庭全戸への絵本配布及び情報提供の本格実施を受けて、受け皿となる「はじめての絵本(ブックスタート)事業」を開始した。具体的には、子育て支援施設での「あかちゃんでまえとしょかん にこにこ」(絵本展示・貸出・新規登録)の実施や子育て関連施設への「絵本パック」(赤ちゃん絵本約20冊のセット)の配置など地域の身近な場所で本に出会うことができる環境づくりを進めるとともに、赤ちゃん向けおはなし会の全館実施などにより乳幼児連れでも利用しやすい図書館であることをアピールした。
 さらに、三鷹市で預託を受けている郷土資料の一部についてデジタル化を行うとともに、今後デジタル化を行う際に必要なマニュアルの整備を行った。

平成24年度の事業の評価(A~Cの3段階評価)

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

A 目標が達成できた

今後の取組・課題

 「こどもカウンター」の継続的実施、乳幼児向けサービス(ブックスタート事業、おはなし会等)の充実、中学生・高校生世代の参加・交流の場づくりと図書資料の充実、障がい者(児)へのサービス拡充への取り組み、推薦図書リスト等の充実、行政資料・地域資料のデジタル化と公開に向けた検討、図書館コンピュータシステムの更新に向けた業務分析等の実施に取り組む。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

教育委員会 総務課 総務係
〒181-8505 東京都三鷹市下連雀九丁目11番7号
電話:0422-45-1151(内線:3213~3215) 
ファクス:0422-43-0320

総務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る