スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 企画経営課

公開日:2014年12月1日 最終更新日:2014年12月1日

【計画期間内の達成状況】
 *事業の達成状況についての評価
  ◎:予定どおり
  ○:ほぼ予定どおり
  △:少し遅れている
  ×:大きく遅れている
  ―:未着手

5−1−(1)男女平等参画関連情報の市内事業者等への提供及び啓発の実施

法改正情報、厚生労働分野における新しい情報の市内事業者に向けた提供

所管課:生活経済課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

広報及びホームページで労働環境の整備等の周知・啓発を行った。

次年度以降取り組み予定

今後も引き続き、広報及びホームページで労働環境の整備等の周知・啓発を行う。

被雇用者に対する就労に関する情報提供及び相談体制の充実

所管課:生活経済課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

毎月第1月曜日に「しごとの相談窓口」を開設し、就労に関する相談体制の充実に努めた。
また、「相談窓口ガイドブック」を作成・配布し、就労等に関する情報提供を行った。

次年度以降取り組み予定

「しごとの相談窓口」は曜日を変更し、毎月第1水曜日に開設するとともに、相談窓口ガイドブックを作成し、今後も引き続き就労支援等に関する情報提供を行う。

市内事業者等に向けたワーク・ライフ・バランスの啓発誌等を通じた啓発活動の実施

所管課:企画経営課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

6・10・2月にワーク・ライフ・バランスの横断幕を駅前のペデストリアンデッキに、懸垂幕を市役所本庁舎に、それぞれ1か月間掲示した。25年度新規事業として、公募による市民企画員の企画・運営による「ワーク・ライフ・バランスのための民学産公協働講座」を実施した。

次年度以降取り組み予定

今後も引き続き、6・10・2月に横断幕、懸垂幕の掲示を行う。主催事業ごとにワーク・ライフ・バランスの啓発誌等を配布し、啓発に努める。また、引き続き「ワーク・ライフ・バランスのための民学産公協働講座」を実施していく。

所管課:生活経済課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

6・10・2月にワーク・ライフ・バランスの横断幕を駅前のペデストリアンデッキに、懸垂幕を市役所本庁舎に、それぞれ1か月間掲示した。また、東京都労働相談情報センターで取扱う「東京都中小企業ワークライフバランス実践支援事業」を三鷹商工会を通じてご案内しワークライフバランスを推進した。

次年度以降取り組み予定

今後も引き続き、6・10・2月に横断幕、懸垂幕の掲示を行う。また、ワーク・ライフ・バランスの啓発紙等を配布し、広報に努める。

5−2−(1)積極的改善措置(ポジティブ・アクション)の実施

管理職に占める女性の割合の拡大に向けた取り組みの推進

所管課:職員課・企画経営課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

昇任昇格選考において、募集時の通知に男女平等参画の視点と女性の積極的応募への期待を示すとともに、男女の別にかかわりなく職員の適正な能力評価を実施した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、男女の別にかかわりなく職員の適正な能力評価を実施していく。

5−2−(2)ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みの実施

男性職員の育児休業等取得の推進

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

育児休業を取得しやすい職場環境づくりのため、「子育てハンドブック」の活用などにより、出産・育児休業関連の諸制度の周知を図り、嘱託員を含めた職員の利用を進めた。

次年度以降取り組み予定

引き続き、育児休業等を取得しやすい職場環境づくりを進める。

市職員の超過勤務時間削減に向けた取り組みの実施

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

「完全一斉定時退庁日」及び「絶対退庁時間」の徹底を図るとともに、四半期ごとに各課で行う分析を踏まえ、細かなヒアリングを行うことにより、時間外勤務縮減の取り組みと業務改善を推進した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、時間外勤務縮減の取り組みを推進する。

市職員の有給休暇等取得率増加に向けた取り組みの実施

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

年次有給休暇の取得促進と計画的使用について、庁内通知により周知を図った。
また、介護休暇に関しても、「家族等の介護を行う職員のためのハンドブック」の記載内容を見直し、諸制度の周知を図った。

次年度以降取り組み予定

引き続き、年次有給休暇取得促進の取り組みを推進する。
また、介護休暇を取得しやすい職場環境づくりを進める。

5−2−(3)男女平等参画意識を醸成する啓発活動の実施

男女平等参画意識を醸成する定期的な職員研修の実施

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

東京都市町村職員研修所が実施する「男女共同参画社会形成研修」に中堅職員を派遣した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、派遣研修を実施していく。

5−2−(4)多様な働き方の推進

多様な働き方に基づく多様な人財を活かした組織づくりの推進(ダイバーシティ&インクルージョン)

所管課:企画経営課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

25年度新規事業として、公募による市民企画員の企画・運営による「ワーク・ライフ・バランスのための民学産公協働講座」を実施し、ダイバーシティ&インクルージョンを推進した。

次年度以降取り組み予定

今後も引き続き、啓発誌や講座等により、ダイバーシティ&インクルージョンを推進していく。

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

人事考課に際して各職員から提出される自己申告シート等により、各職員の適性を把握し、人事異動に活用した。職員採用試験では、面接官に女性職員を必ず含むようにするなど、男女の別にかかわりなく、公平公正な選考により受験者の能力・適性を見極めた採用を行った。

次年度以降取り組み予定

引き続き、職務給制度、人事考課制度及び昇任昇格制度により、男女の別にかかわりなく、職員一人ひとりの業績・能力・態度を客観的に評価し、職員の処遇に反映させていく。

5−3−(1)積極的改善措置(ポジティブ・アクション)の推進

講座等を通じた就職・再就職に向けたICT技術等の能力・技術の習得支援の実施

所管課:生活経済課(まちづくり三鷹)

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

NPO団体などが主催するパソコン講座が、三鷹産業プラザなどを拠点として実施されるようになったことから、これら技術習得支援に係る事業実施者のサポートを随時実施した。

次年度以降取り組み予定

次年度以降についても、NPO団体など、地域に密着した実施者などが、技術習得支援事業を実施するためのサポートを、引き続き行っていく。

所管課:企画経営課(三鷹ネットワーク大学)

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

小・中学校の教員をめざす大学生を対象とした講座「教師力養成講座」を2回(5月〜8月、10月〜平成26年3月)、キャリア・プランを考える講座「キャリアカウンセリング」を6回実施した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、「教師力養成講座」を2回実施し、「キャリアカウンセリング」を6回(隔月)実施する。

講座等を通じた地域における起業支援の実施

所管課:生活経済課(まちづくり三鷹)

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

平成24年6月より開設された「コワーキングプロジェクト ミタカフェ」において、スタートアップ段階の事業者を対象とした起業体験談やビジネスセミナーなどを、「ミタカフェセミナー」として、10回実施した。

次年度以降取り組み予定

引き続き「コワーキングプロジェクト ミタカフェ」において、就業間もない方や、小規模の事業者向けのビジネスセミナーを中心に実施していく。また、ミタカフェ会員同士がセミナー講師役となるなど、自身の体験談を話すことによって、他者のノウハウの習得や、ビジネスアイデアの展開、他者とのコラボレーションの醸成などを図る。

所管課:企画経営課(三鷹ネットワーク大学)

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

起業塾「三鷹身の丈起業塾〜SOHOベンチャーカレッジ」を2回(4月〜8月、10月〜平成26年1月)実施した。
また、同企業塾の中心となる講義を取り上げて構成した短期集中講座を1回(8月22日・23日)実施した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、起業塾「三鷹身の丈起業塾〜SOHOベンチャーカレッジ」を2回(4月〜7月、10月〜1月)実施する。また、同起業塾の修了生(過去の修了生も含む)向けにアドバンス講座を実施する。
なお、これらは経済産業省の産業競争強化法に基づく創業支援事業計画の認定を受け、三鷹市(生活経済課)、まちづくり三鷹と連携して実施する。

都等の関係機関との連携による情報共有及び講座等の実施

所管課:生活経済課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

ハローワーク三鷹、東京しごとセンター多摩等と協働で、女性の再就職セミナー及びパートタイムセミナーを開催し、就労に関する情報提供を行った。

次年度以降取り組み予定

今後も関係部署と協働でセミナー等を行い、就業に関して情報提供を行っていく。

市内で主に活動するNPO、NGOに対する情報提供等の支援の実施

所管課:コミュニティ文化課(市民協働センター)

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

市民協働センター内に設置しているパンフレット架を活用して啓発誌等の配布を実施した。

次年度以降取り組み予定

引き続き、啓発誌等の配布を通じて支援を実施していく。

5−3−(2)男女平等参画意識を促す啓発活動の実施

男女平等参画意識を促す定期的な啓発活動の実施

所管課:企画経営課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

6・10・2月にワーク・ライフ・バランスの横断幕を駅前のペデストリアンデッキに、懸垂幕を市役所本庁舎に、それぞれ1か月間掲示した。25年度新規事業として、公募による市民企画員の企画・運営による「ワーク・ライフ・バランスのための民学産公協働講座」を実施した。

次年度以降取り組み予定

今後も、関係部署と連携を図りながら、講座や啓発誌等により、就業に関して男女平等意識を促す啓発活動を実施していく。

所管課:職員課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

市民会議等の委員の選任に関する男女比の均衡等について具体的な基準を定めた「三鷹市市民会議、審議会等の設置及び委員の選任に関する基準」を引き続き全庁に周知し、基準の徹底を図った。

次年度以降取り組み予定

引き続き、基準の周知・徹底を図る。

所管課:生活経済課

達成状況評価   

平成25年度取り組み状況

6・10・2月にワーク・ライフ・バランスの横断幕を駅前のペデストリアンデッキに、懸垂幕を市役所本庁舎に、それぞれ1か月間掲示した。

次年度以降取り組み予定

今後も引き続き、6・10・2月に横断幕、懸垂幕の掲示を行う。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 企画経営課 平和・女性・国際化推進係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2115、2116) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

企画経営課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版