スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2014年11月28日 最終更新日:2014年12月1日

画像:ルリビタキのオスの写真(拡大画像へのリンク)

ルリビタキ(オス)がエサを探すのようす

(画像クリックで拡大 34KB)

幸せの青い鳥

 冬の雑木林をあるいていると、ヒッ、ヒッ・・・とさびしげな声で鳴くスズメ大の小鳥、ルリビタキをみかけることがあります。オスのきれいな青い姿は脳裡に焼付いてしまいます。路肩の石の上などにとまっては地面におりて何かついばんでいます。
 フクロウなどを除く多くの鳥類は昼行性で、色彩視力が発達しており、オスが派手な色合いで、メスは地味な色合いのものが多いようですが、ルリビタキもオスは写真のように上面が青色、胸側と脇腹はオレンジ色、下面が白色と派手な色合いですが、メスは上面が地味なオリーブ褐色で下面の白、胸側と脇腹のオレンジ色、尾羽の青みがオスとの共通点です。繁殖期にオスはメスにアピールし、ほかのオスと縄張り争いをするため、美しい色合いをしており、メスはじっと巣で抱卵する時間が長いため、外敵に見つからないように地味な色あいをしているといわれていますが、写真のようにつぶらな瞳をしたルリビタキはオス、メスとも魅力的な小鳥です。
 夏は亜高山帯の針葉樹林などで繁殖し、秋〜春までは越冬のため、標高の低い地域に下りてきて、樹林地の周囲で生活しています。
 ヒッ、ヒッという地鳴きの声や、越冬期に単独で縄張りを持つ行動は、近縁種でシベリアから渡ってくるジョウビタキに似ています。
 美しいオスに出会って双眼鏡で姿を追うとき、ベルギーのノーベル賞作家メーテルリンクの「幸せの青い鳥」を連想してしまいます。ブルーバードという車名の自動車もありますね。
 三鷹市周辺でも野川公園や大沢の里周辺、井の頭公園、神代植物園など、まとまった面積の樹林地があるところで運が良ければ見ることができます。

参考文献:日本の野鳥  解説:叶内拓哉  山と渓谷社

このページの先頭へ

画像:ルリビタキのメスの写真(拡大画像へのリンク)

ルリビタキ(メス)のようす

(画像クリックで拡大 20KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版