スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2015年1月26日 最終更新日:2015年1月26日

画像:コナラの樹形の様子(拡大画像へのリンク)

コナラの樹形

(画像クリックで拡大 193KB)

雑木林の主人公

 コナラはクヌギと並んで武蔵野の雑木林の代表的な樹木です。両種ともドングリ(団栗)のなる、ブナ科の樹木です。
 コナラは、時には高さ30メートル以上にも達する落葉高木ですが、雑木林では幹の直径が10センチメートルくらい(高さは10メートル以下)になると伐採され、薪や炭の原料、シイタケのほだ木などとして利用されてきました。その株元から力強く萌芽した幹をまた20年くらい育て、直径10センチメートル程になったものを伐採するサイクルを繰り返すという方法で維持管理されてきました。雑木林は、現在三鷹周辺で見られるものよりももっと樹高が低く、林の中にも光が降り注ぐ明るいものであったようです。落ち葉は畑の堆肥に利用され、持続可能な社会の基礎として植物の持つ力を利用していたのです。少し標高の高い山地に見られるミズナラのことをオオナラとも呼びますが、このオオナラに対して、コナラと呼ばれています。
 ブナ科の樹木は、いずれも私たち日本人の生活に密着したものが多く、屋敷林の防風林として植えられた常緑樹のシラカシやスダジイ、備長炭にするウバメガシなどの実もいずれもどんぐりですし、ブナやクリ等もブナ科です。栄養価の高いこれらの実は、人間を含め、様々な生き物に利用され、雑木林の豊かな生態系を作る主人公といってよいでしょう。
 燃料としての利用のなくなった雑木林はすっかり姿を変えてしまっていますが、コナラは、葉にもさまざまな昆虫が集まりますし、幹に滲み出す樹液にカブトムシやカナブン、チョウなどが集まる様子は、さながら森の食堂のようで、都市の中で生物多様性を維持する貴重な存在となっています。
 どんぐりからの芽生え、銀色に輝く新緑、昆虫がたくさん集まる夏、味わい深い秋の紅葉、冬枯れの繊細なこずえなど四季折々のようすは、落葉広葉樹ならではの魅力といえます。

参考文献:日本の樹木  編者:林弥栄  山と渓谷社

このページの先頭へ

画像:まだ青いどんぐりの様子(拡大画像へのリンク)

まだ青いどんぐり

(画像クリックで拡大 88KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版