スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 地域福祉課

公開日:2016年1月4日 最終更新日:2016年1月4日

第十回特別弔慰金(額面25万円、5年償還の記名国債)請求受付中

 戦後70周年に当たり、国が改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に第十回特別弔慰金(記名国債)が支給されることになりました。
 第十回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することになりました。

第十回特別弔慰金の支給対象者

 戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受けるかた(戦没者等の妻や父母等)がいない場合、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給。

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得したかた
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の
    (1)父母
    (2)孫
    (3)祖父母
    (4)兄弟姉妹
    (戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります)
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
    (戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していたかたに限ります)

請求期限

 平成30年4月2日まで。

請求先

お住まいの区市町村の援護担当課で請求書類の配付、受付をしています。
三鷹市にお住まいのかたは、地域福祉係(本庁舎1階17番窓口)へご請求ください。
(対象者によって提出書類が異なっておりますので、一度ご相談の上でご請求ください)

手続の際は、社会保障・税番号(マイナンバー)の記載・提示が必要です

第十回特別弔慰金の申請手続では、平成28年1月以降、社会保障・税番号(マイナンバー)の記載・提示とマイナンバー法に基づく本人確認が必要です。

※個人番号カードをお持ちの方は1枚で本人確認が完了します。くわしくは「社会保障・税番号(マイナンバー)制度における本人確認について」をご覧ください。

申請者本人が来庁される場合

申請者本人がお越しの場合は、以下の書類をお持ちください。

  • 「個人番号カード(裏面)」や「通知カード」など番号を確認できる書類
  • 本人確認のできる書類(「個人番号カード(表面)」のほか、運転免許証や旅券(パスポート)など)

代理の方が来庁される場合

代理の方がお越しの場合は、以下の書類をお持ちください。

  • 申請者本人の個人番号通知カードまたは個人番号カード(写しも可)
  • 戸籍謄本等(法定代理人)または委任状(任意代理人)
  • 代理の方の本人確認のできる書類(運転免許証、パスポートなど)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 地域福祉課 地域福祉係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2613〜2615)  ファクス:0422-29-9620

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

地域福祉課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版