スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 情報推進課

公開日:2015年10月23日 最終更新日:2016年3月7日

法人には法人番号が指定されます

マイナンバー制度では、設立登記法人、国の機関、地方公共団体、その他の法人や団体に、国税庁長官が13桁の法人番号を指定します。これら以外の法人等であっても、一定の要件を満たす場合、国税庁長官に届け出ることによって、法人番号の指定を受けることができます。

法人番号は、1法人に対し1番号のみ指定され、法人の支店や事業所には指定されません。法人番号の通知は、平成27年10月から法人番号などを記載した「法人番号指定通知書」を送付することにより行われます。

国税庁長官は、法人番号をインターネットの国税庁法人番号公表サイト(外部リンク)を通じて公表します。

法人番号は、マイナンバー(個人番号)と異なりその利用範囲に制約がなく、どなたでも自由に利用することができます。

マイナンバーに関する事業者の対応

事業者も、社会保障や税などのマイナンバー法で定められた手続に限りマイナンバーを取り扱うことになります。そのため、「システム対応」「安全管理措置」「社員への周知・研修」などについて準備を進める必要があります。特に、システムを改修する必要がある場合には、早期に具体的な対応の検討が必要です。

マイナンバーはこんな場面で必要です

事業者は、従業員の健康保険や厚生年金、雇用保険等の加入手続や、給与の源泉徴収票の作成を行っています。また、証券会社や保険会社では、配当金・保険金等の支払調書の作成を行っています。平成28年1月以降、これらの事務を行うためにマイナンバーが必要となります。給与の支払を受ける方や、証券会社・保険会社などと取引がある方は、本人や家族のマイナンバーを提示する必要があります。

また、事業者が外部の方に講演や原稿の執筆を依頼し、報酬を支払うと、税金の源泉徴収が必要となることがあります。この場合、こうした外部の方からもマイナンバー(または法人番号)の取得が必要です。

マイナンバー制度は、社会保障や税の手続で全従業員に関係する制度です

平成28年1月以降、社会保障や税の手続のために、それぞれの帳票等の提出時期までに、パートやアルバイトを含め、全従業員のマイナンバーを順次取得し、源泉徴収票や健康保険・厚生年金・雇用保険などの書類に記載することになります。

また、マイナンバーそのものやマイナンバーを含む個人情報(特定個人情報)は、紛失・盗難・漏えいなどが起こらないよう適切に管理することが必要です。

このページの先頭へ

各種お問い合わせ先

マイナンバー制度に関する各種お問い合わせ先は、マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関するお問い合わせ窓口をご覧ください。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 情報推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2141〜2146、2149)  ファクス:0422-46-5034

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

情報推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版