スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2015年11月24日 最終更新日:2015年12月17日

画像:翼を広げ乾かす様子(拡大画像へのリンク)

翼を広げ乾かすしぐさ

(画像クリックで拡大 23KB)

大食漢は潜水の達人(鳥)!

 カワウは全長約80センチメートル、翼を広げると130センチメートルあるかなり大きな水鳥です。有名な伝統漁、「鵜飼(うかい)」に使われるのは、カワウではなく、姿のよく似たウミウ(海鵜)です。
 色合いは全体に濃い黒色で顔を囲む部分と腿に白い部分があり、目の虹彩の色は鮮やかなエメラルドグリーンです。雌雄同色で見分けがつきません。ウの仲間の翼は水をはじく油分が少ないため、餌を採るための潜水を終えると、翼を広げて乾かすしぐさをします。
 ウミウが海の沿岸部に生息するのに対し、カワウは内湾や湖沼、河川、池などの水面で潜水して魚を採食しています。
 また、夜には集団ねぐらをとる習性があり、たくさんのカワウが集まります。早朝にはねぐらを飛び立ち、採食場所へ数十羽から100羽以上が隊列を組んで飛んでいきます。
 カワウは1970年代には絶滅が心配されるほど個体数が減少していました。1971年には、関東では最大だった千葉県大巌寺のコロニーが消失し、上野動物園の飼育個体に由来するコロニーのみとなっていました。しかしながら、1980年代より個体数が急激に増加してきており、多摩川上流部等では2000年ごろから、アユの食害が大きな問題になっています。
 三鷹市内では井の頭公園池や野川、仙川などの水面で観察できます。

参考文献:日本の野鳥  叶内拓哉解説  山と渓谷社

このページの先頭へ

画像:隊列を組んで飛ぶ様子(拡大画像へのリンク)

隊列を組んで飛ぶ様子

(画像クリックで拡大 16KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版