スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2016年3月9日 最終更新日:2017年8月24日

画像:黒っぽい顔のセグロセキレイ(拡大画像へのリンク)

セグロセキレイの姿

(画像クリックで拡大 38KB)

日本固有種。ハクセキレイとの違いを見分けよう!

 セグロセキレイは、全長21cmほどのスマートな体型と白、黒のシックな色合いの小鳥で、頭から尾羽までの背の部分が黒いことからセグロセキレイと呼ばれます。
 三鷹市内で普通に見ることができるセキレイの仲間は、このセグロセキレイのほかにハクセキレイ、キセキレイがいますが、いずれも水辺の環境に多く、活発に歩きながら水生昆虫などを採食しています。
 飛ぶときに翼を開いたり閉じたりを繰り返しながら波状に飛んでいくところもセキレイの仲間の特徴です。この3種のうちセグロセキレイだけが日本の固有種(日本にしか生息していない種)です。
 キセキレイは鮮やかな黄色が目立つのでわかりやすいのですが、このセグロセキレイとハクセキレイは色合いが似ています。セグロセキレイの顔は黒っぽく、ハクセキレイの顔は白っぽく、過眼線(眼を横に通過する線)のみが黒いことなどで見分けることができます。
 セキレイの仲間は波状に飛びながら鳴くことがおおいのですが、キセキレイ、ハクセキレイの声は「チチン、チチン」と澄んだ声であるのに対し、セグロセキレイは移動する時「ジジン、ジジン」と濁った声であることからも区別できます。
 セグロセキレイやキセキレイは河川の近くなどを中心に生活していますが、水辺の環境に関わらず都市の中でも生活しているハクセキレイの増加により生息場所を追いやられる傾向があるようで、個体数が減少しているといわれています。姿は似ていても都市環境への適応力の違いが個体数の増減を分けている例といえます。
 三鷹市内で見かけるチャンスもそれほど多くない鳥ですが、野川や仙川などの河原で気をつけていると見ることができるかもしれません。

参考文献:日本の野鳥  叶内拓哉解説  山と渓谷社

このページの先頭へ

画像:白っぽい顔のハクセキレイ(拡大画像へのリンク)

ハクセキレイの姿

(画像クリックで拡大 50KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版