スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 ごみ対策課

公開日:2017年2月5日 最終更新日:2017年2月14日

画像:マヨネーズやわさびなど中身が残ったチューブ状の容器、使用後のレトルト容器、コンビニ弁当の容器など(拡大画像へのリンク)

汚れたプラスチックは「燃やせるごみ(有料)」へ

(画像クリックで拡大 89KB)

 家庭から出されるプラスチックは原則としてリサイクルしていますが、水で流したり拭いても汚れが取れないプラスチックはリサイクルできないため、「燃やせないごみ」として収集してきました。
 市では、平成25年の可燃ごみ処理施設「クリーンプラザふじみ」の稼働開始による焼却能力の向上と、町会・自治会・ごみ処理業者などの推薦者で構成する「ごみ減量等推進会議」の提言を受け、4月からは汚れたプラスチックを「燃やせるごみ」として収集します。
 なお、汚れていないプラスチックは、従来通り、「プラスチック類」の収集日に収集します(週1回、無料)。

水で流したり拭いても汚れが取れないプラスチック(例)
マヨネーズなど中身が残ったチューブ状の容器、油やソースなどが付着した弁当容器、納豆やレトルト食品のパックなど。

このページの先頭へ

画像:ビニール袋や食品トレイ、卵の容器など(拡大画像へのリンク)

汚れていないプラスチックは「プラスチック類(無料)」へ

(画像クリックで拡大 80KB)

「汚れたプラスチック」収集方法の変更点

  • 3月まで=「燃やせないごみ」として月2回収集
  • 4月以降=「燃やせるごみ」として週2回収集
注意事項
いずれも市の指定収集袋(有料)を使用。

変更の目的

  • 利便性の向上…家庭で保管する期間が短縮され、害虫や臭いの発生を抑えることができます。
  • リサイクルされるプラスチックの品質の向上…分別の促進により、汚れたプラスチックの混入を防ぎます。

このページの先頭へ

添付ファイル

汚れたプラスチックについてQ&A

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(外部リンク)

関連リンク

プラスチック類の出し方

このページの作成・発信部署

生活環境部 ごみ対策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2533〜2536)  ファクス:0422-47-5196

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

ごみ対策課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版