スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2017年8月21日 最終更新日:2017年8月24日

画像:鳴きながら飛ぶハヤブサ(拡大画像へのリンク)

鳴きながら飛ぶハヤブサ

(画像クリックで拡大 16KB)

都市部に進出する猛禽(もうきん)!

 ハヤブサは、ほかの猛禽類(もうきんるい)同様、雄が雌より小さく、雄が全長約42センチメートル、雌は約50センチメートル、雌がだいたいハシボソガラスと同じ位の大きさです。
 雌雄同色で上面は暗青灰色(あんせいかいしょく)で顔の黒いひげ状の班(はん)が目立ちます。下面は全体に白っぽく、黒い横班(よこはん)があります。
ハヤブサはとても速く鋭い鳥というイメージがあると思います。男の子の名前に使われたり、寝台特急の愛称になるなど、よく知られた鳥ですが、観察する機会はそう多くないかもしれません。そのイメージの通り、飛翔(ひしょう)能力に優れ、上空から急降下して下を飛んでいる鳥を捉えるというパターンの狩りを行います。木や地上にとまっている鳥を飛び立たせて追跡し、仕留めるということもします。
このため、ハヤブサを見つけた水鳥は、飛び立って逃げるのではなく、水中に潜ります。飛び立てば勝ち目がないことを知っているのでしょう。筆者は、若いハヤブサが自分より一回り大きなカワウやアオサギなどに対して攻撃を加える様子を観察しましたし、無線操縦の模型飛行機にアタックしていくのをみたことがあります。飛んでいるものを追いかけるという本能があるのでしょう。
近年、このハヤブサ都市周辺で増加傾向にあるようです。オオタカが増えていることも以前書きましたが、このハヤブサもオオタカ同様に、都市環境にたくさん暮らしているドバトを捉えるようになり、餌を豊富に得られるようになってきたのです。また、自然環境下でのハヤブサの繁殖場所は、断崖(だんがい)の棚になったような所が主ですが、都市環境下のビルがこの断崖(だんがい)の代わりに使われるようになってきたようです。こうした傾向は全世界的なようで、カナダのトロント市街での高層ビルでの繁殖などが知られています。三鷹周辺でも、駅ビルや高圧線の鉄塔などにとまっている姿を見かけることがあります。

参考文献:日本の野鳥  叶内拓哉解説  山と渓谷社

このページの先頭へ

画像:ビルにとまるハヤブサ(拡大画像へのリンク)

繁華街のビルにとまるハヤブサ

(画像クリックで拡大 217KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版