スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2017年8月21日 最終更新日:2017年8月24日

画像:エゴノキの花(拡大画像へのリンク)

見事に咲きそろったエゴノキの花

(画像クリックで拡大 59KB)

雑木林の脇役

 エゴノキは雑木林の中木層に多くみられる落葉広葉樹です。
春4月、他の木々に先立ってエゴノキの新緑が一斉に芽吹くと、冬枯れの雑木林の中に灯りがともったように見えます。
5月、雑木林の上層のクヌギやコナラ、イヌシデなどが葉を展開し、少し薄暗くなった林の中で、エゴノキは白い花をたくさん咲かせます。花の特に多い年には遠くからでも木全体が白く輝いて見えるほどです。花を待ちわびていたマルハナバチやミツバチの仲間が一斉に吸蜜(きゅうみつ)に訪れ、エゴノキは羽音に包まれます。
7月には受粉した果実(核果)が1cm大にふくらみ、たくさんぶら下がる様子が見事です。
エゴノキの花や果肉はエゴサポニンという毒を含んでおり、この実をすりつぶして川に流して浮き上がる魚を捕る漁も行われたそうです。8月にはこの実が熟します。
ヤマガラはエゴノキの実が大好物で、秋めいてくる9月ごろ、ヤマガラの群れがエゴノキにとまって熱心に実をつつく様子が見られます。ヤマガラは実の中の種子を食べているように見えるのですが、じつはゾウムシの幼虫をつついているのではないかという説もあるようです。機会があればじっくり観察してみたいところです。
市内では、雑木林で普通に見られます。花が見事で、樹高が10m程度までであることから、庭木や公園樹木などとして植栽されることも多い樹木です。
木材として、玩具や櫛(くし)、将棋の駒などの材として重宝されたそうです。

参考文献:大人の園芸 庭木 花木 果樹  濱野周泰監修  小学館

このページの先頭へ

画像:ヒガラ(拡大画像へのリンク)

エゴノキの実を食べるヤマガラ

(画像クリックで拡大 30KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版