スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 都市再生推進本部事務局

公開日:2017年11月1日 最終更新日:2017年12月20日

「三鷹市庁舎等整備基本構想策定に向けた基本的な考え方」をまとめました(平成29年9月)

 三鷹市では、建設から50年以上が経過した市庁舎等の建替えの検討を、「第4次三鷹市基本計画(第1次改定)」の主要事業に位置づけています。

 そこで、平成28年8月に三鷹まちづくり総合研究所に「庁舎等建替えに向けた基本的な枠組みに関する研究会」を設置(第1回は9月開催)し、約10カ月にわたる調査・研究の後、29年6月に提言などが盛り込まれた報告書が市に提出されました。

 市では、この報告書を踏まえ「三鷹市庁舎等整備基本構想策定に向けた基本的な考え方」(以下「基本的な考え方」という。)をとりまとめました。

 「基本的な考え方」は、「基本構想」の策定を開始するに当たって前提となる課題を整理するとともに、構想策定のスケジュール及び手法を示したものです。今後、「基本構想」の策定に向けては、多様な市民参加、議会との連携、学識経験者の参加、職員の参加等を図り、施設規模や整備手法等について検討していきます。

補足事項
「基本的な考え方」の全文は、下記添付のファイルでご覧になれます。

「基本的な考え方」の概要

建替えの必要性

 市庁舎は市民の安全・生活を守る施設であり、災害対策の活動拠点として十分な機能維持が必要です。現庁舎は、建設から50年以上が経過し、更なる耐震性能の確保と老朽化対策が必要ですが、耐震改修工事や大規模改修工事により長寿命化を図ったとしても、躯体そのものの物理的な耐用年数には限界があり、近い将来には建替えが必須となります。

 建物の耐用年数、耐震性能及び長寿命化について総合的に検討した結果、庁舎等については建替えが必要と決断し、具体的な検討を開始することとしました。

新庁舎等の位置

 現市民センターの位置は、三鷹市域の地理的重心および人口重心に近接しており、交通事情や他の官公署との関係性にも優れていることから、地方自治法の規定にかなった立地と言えます。
 また、研究会で実施した市民アンケートでは、現在の庁舎の位置について「便利・満足」、「普通」との回答が約8割を占めていることから、一定の評価を得ていることがうかがえます。

 新庁舎等は、現在の市民センター用地に再整備する方向で検討します。

整備対象施設

 市庁舎等の建替えに当たっては、分散化している庁舎機能の集約、窓口機能の充実、ユニバーサルデザインへの配慮などが必要不可欠です。

 市役所(庁舎棟、第二庁舎、第三庁舎)、議場棟、公会堂、教育委員会事務局を市民センター内に一体的に再整備することを基本とします。また、そのほかの公共施設を集約して整備する可能性や、研究会から提言のあった隣接の三鷹郵便局との一体的な整備の可能性についても検討していきます。

整備に向けた基本コンセプト

 下記の「基本コンセプト」は、現時点での考え方を示したものです。今後は、これをベースとしつつ、市民参加を行いながら明確にしていきます。

基本理念

「人間のあすへのまち」を象徴する新庁舎等

「人間」「時間」「空間」の三つの視点からのアプローチ
「人間」市民 議員 職員
  • 市民に信頼される庁舎
  • 市民に愛される庁舎
  • 議員の活動を支える庁舎(議場)
  • 職員が働きやすい庁舎
「時間」過去 現在 未来
  • 未来の市民サービスを見据えた庁舎
  • まちの記憶を未来へつなぐ庁舎
  • 環境に配慮した庁舎
「空間」建物 配置 景観
  • まちの元気を創造する庁舎
  • 安全で開かれた庁舎
  • 地域と共生する庁舎
  • 景観に配慮した庁舎
基本方針の「基礎」
  • 三鷹に住み、働き、学び、活動する市民の参加と協働の拠点
  • あらゆる災害・リスクに対応したしなやかな強靭性の確保
  • 効率的・効果的な手法による整備事業費と維持管理費の抑制
画像:基本コンセプトの図表(拡大画像へのリンク)

基本コンセプト

(画像クリックで拡大 68KB)

このページの先頭へ

基本構想策定スケジュールと手法

 基本構想策定に当たっては、多様な市民参加、議会との連携、学識経験者の参加、職員の参加等を図っていきます。

  • 平成29年10月中旬〜11月中旬 市民意向調査(アンケート)
  • 平成30年2月 まちづくりディスカッション(無作為抽出による市民討議会)
  • 平成30年5月頃 ワークショップ(検討会)
  • 平成30年6月 基本構想素案
  • 平成30年9月 基本構想確定

全体スケジュール


 全体の整備スケジュールについては、現時点では下記のとおりと想定していますが、今後、「基本構想」・「基本計画」の策定や設計業務を行う中で、改めて具体的な竣工までのスケジュールを示していきます。
  • 平成29(2017)年 基本構想
  • 平成30(2018)年 基本構想、基本計画
  • 平成31(2019)年 基本計画、基本設計・実施設計
  • 平成32(2020)年 基本設計・実施設計
  • 平成33(2021)年 基本設計・実施設計
  • 平成34(2022)年 基本設計・実施設計、整備工事
  • 平成35(2023)年 整備工事
  • 平成36(2024)年 整備工事
  • 平成37(2025)年 整備工事
画像:スケジュール案の図解(拡大画像へのリンク)

スケジュール案

(画像クリックで拡大 17KB)

このページの先頭へ

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(外部リンク)

このページの作成・発信部署

企画部 都市再生推進本部事務局
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2052、2053)  ファクス:0422-48-1419

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

都市再生推進本部事務局のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版