スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2018年10月2日 最終更新日:2018年10月2日

平成30年度の申込受付は終了しました。

子宮がん検診は20歳から受診できます

 子宮がんは、主にがんができる場所によって、子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。
 このうち子宮頸がんになる人は20歳代後半から増加し、30歳代後半から40歳代にかけて多くなります。初期の段階ではほとんどが無症状のため、検診による早期発見がとても大切です。
 三鷹市では、20歳以上のかたは1年に1度、申込により子宮がん検診が受けられます。早期発見、治療で大切な命を守るために、定期的に受診しましょう。

対象

20歳以上の女性市民のかた(平成11年3月31日以前に生まれたかた)

次のかたは申込不要です
平成30年4月1日現在、満20歳のかた(平成9年4月2日から平成10年4月1日生まれのかた)は無料検診の受診票を5月下旬に送付済みです。

検診項目

頸部検診

問診、視触診、検体採取細胞診

体部検診

検体採取細胞診

体部検診について
子宮頸部検診の受診者のうち、問診の結果、原則6カ月以内に不正性器出血のみられたかたで、次のいずれかに該当するかたは体部の検診も行います。 (体部のみの検診は行っておりません。)
  1. 50歳以上のかた、または閉経以後のかた
  2. 未妊娠のかたで月経不規則のかた
  3. 医師が体がん検診を特に認めたかた

受診費用

頸部 

500円

頸部及び体部

1,000円(体部検診は、医師が必要と判断した場合のみ)

  • 受診当日に医療機関窓口でお支払いください。
  • 検診以外の検査や治療(医療行為)があった場合は、他に自己負担が生じます。健康保険証を持参してください。
  • 生活保護受給世帯または中国残留邦人等支援給付世帯のかたは費用免除制度があります。生活福祉課窓口(市役所2階)で保護証明書または受給証明書の交付を受け、受診当日、医療機関受付に提出してください。

受診期間

平成30年6月1日(金曜日)から平成31年1月31日(木曜日)まで
受診期間終了間際は大変混雑しますので、早めの受診をお願いします。

申込方法

次のいずれかの方法でお申込みください。
お電話での申込はできません。

  1. はがき(往復はがきの必要はありません)
  2. 三鷹市総合保健センター窓口
  3. 電子申請(東京電子自治体共同運営サービス)(外部リンク)
電子申請ご利用上のご注意
携帯電話及びスマートフォンの一部端末からはご利用いただけません。
詳しくは、「携帯電話及びスマートフォンの一部端末における利用制限について」(外部リンク)をご確認ください。

はがきに記載する項目

  • 子宮がん検診希望
  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日・年齢
  • 電話番号

はがきの送付先

〒181-0004 三鷹市新川六丁目37番1号 三鷹市総合保健センター

申込締切

平成30年10月1日(月曜日)消印有効 ※平成30年度の申込受付は終了しました。

書類の送付について
申込後、約1カ月で受診票等を送付します。

実施場所

下記の市内協力医療機関で受診できます。 
医療機関名(住所) 電話番号 取り扱い時間(平日) 取り扱い時間(土曜日) 備考
鳥海産婦人科クリニック
(下連雀四丁目10番29号)
0422-43-1000 午前9時から正午まで
午後4時から7時まで
木曜日の午前は休診
午前9時から午後1時まで
予約不要
三鷹レディースクリニック
(下連雀三丁目31番4号101)
0422-70-1150 午前10時から午後1時まで
午後3時から6時まで
水曜日は休診 
午前10時から午後1時まで
予約可
山田えいこレディースクリニック
(下連雀三丁目24番7号平嶺ビル2F)
0422-26-7525 午前9時から正午まで
月曜日と水曜日は 午後3時から6時まで
火曜日と金曜日は 午後3時から5時まで
木曜日は休診
午前9時から正午まで
予約不要
村越レディースクリニック
(下連雀三丁目7番28号)
0422-29-8225 午前9時から午後1時まで
午後3時から7時まで
午前9時から午後2時まで
予約優先

このページの先頭へ

検診結果について

受診後、約1カ月で市から結果通知を送付します。

その他

  • 気になる症状があるときは、検診を待たずに医療機関を受診してください。
  • 検査の結果、精密検査が必要な場合は、必ず精密検査を受けてください。
  • 精密検査にかかる費用は自己負担です。

がん検診について

 がん検診は、早期発見によりそのがんで死亡する可能性を減少させることを目的として実施されます。
 早期発見、早期治療によって死亡のリスクを減少させることが最大のメリットですが、次のようなデメリットもあります。

  • 検診でがんの疑いと判定されて精密検査を行っても、がんが発見されないこと(偽陽性)
  • がんを必ず見つけられるわけではないこと(偽陰性)
  • 命にかかわらないがんが発見されること(過剰判断)
  • 不必要な治療や検査を招く可能性があること
  • 心理的な負担が生じること

 メリット、デメリットの双方を正しく理解して、定期的にがん検診を受診しましょう。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 健康診査係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4212、4213)  ファクス:0422-46-4827

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版