スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 環境政策課

公開日:2018年8月23日 最終更新日:2018年9月10日

画像:三鷹産野菜で調理をしている(拡大画像へのリンク)

昨年の様子

(画像クリックで拡大 47KB)

三鷹市が開催する環境学習イベントをご紹介

 市では、市民のみなさんが環境について考えていただくきっかけづくりとして、親子で楽しく学べるイベントや講座など、さまざまな環境学習イベントを開催しています。

三鷹市野菜収穫体験&エコ料理教室

開催日時

平成30年11月18日(日曜日)午前10時から午後2時まで

場所

  • 三鷹市大沢の畑(収穫場所)
  • 大沢コミュニティ・センター(調理場所)

内容

  • 里芋などの三鷹産野菜の収穫
  • エコ料理教室

詳しくはこちらのイベントに関するページ(リンク先のページは掲載準備中です)をご覧ください。

このページの先頭へ

自然体験教室「ふれよう!学ぼう!高尾の自然」

→終了しました

日時

平成30年8月17日(金曜日)午前9時から午後3時まで

会場

  • 高尾山
  • 高尾森林ふれあい推進センター
  • TAKAO599MUSEUM

内容

  • 高尾山の探検(高尾山6号路での樹木、昆虫観察など)
  • TAKAO599MUSEUMの見学
  • 丸太切り
  • クラフト体験

講師

  • 森林インストラクター東京会
  • 高尾森林ふれあい推進センター

参加者

 21人

当日の様子

 高尾山6号路で様々な生き物や植物を観察し、生態などを学びました。
 特に、オオムラサキの幼虫やオニヤンマなど、街中では中々見かけることができない生き物を発見することができ、子どもたちは興味深く観察をしていました。
 高尾森林ふれあい推進センターでは、木の葉や木の実を使ってクラフト体験を行いました。
 木の実などを使って作品を作ることで、樹木の種類によって実や葉に特徴があることや、高尾山では様々な樹木が自生していることを知ることができました。
 最後に体験した丸太切りでは、樹木が成長する様子などを理解するとともに、上手に丸太を切る方法を学びました。
 子どもたちが高尾の雄大な自然の中で嬉しそうに自然と触れあい、学んでいく様子が印象的でした。

参加者の感想

  • 様々な植物、昆虫を知ることができました。
  • 非常に盛り沢山な内容でとても楽しかったです。
  • 今回の教室に参加して、より自然を観察する機会を持ちたいと感じました。

エコミュージカルとエコイベント

→終了しました

開催日

平成30年6月24日(日曜日)
午後1時45分から午後4時45分まで

場所

三鷹市公会堂光のホール

内容

エコミュージカル音楽会「ネバーランドはECOの島・花と緑のエコロジーランド」

ピーターパンのおはなしに登場する三姉弟はネバーランドにやってきます。
しかし島にいる子どもたちは、フック船長の悪い教えに染まっていて、平気で島を汚しているのでした。
ピーターパンと三姉弟たちは、子どもたちやフック船長たちに自然や環境を大切にする心を伝え、自然豊かなネバーランドを取り戻そうとします。
ところが島を汚している本当の原因は、海岸に流れ着いたごみだったのです…!

出演
  • メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画
  • オーディションで選ばれた市内在住の小学生
エコイベント
  • エコ楽器ワークショップ
  • 食べきり運動に参加しよう!
  • おもちゃの病院
  • ゴーヤの苗をプレゼント
当日の様子

当日は603人の親子連れなどで賑わいました。
エコミュージカルでは、オーディションで選ばれた市内在住の小学生(43人)が出演し、歌と踊りで環境への想いを伝えました。
途中、来場者が舞台に上がり、エコイベントで作ったエコ楽器を鳴らして、出演者と一緒に演奏しました。出演者と来場者が一体となって、楽しみながら環境について考えることができました。

参加者の感想

・環境について考えるいい機会となりました。次世代を担う子どもたちを中心に、このようなイベントを行うことは有意義なことだと思います。
・観客が一体となって、ミュージカルを楽しめてとても楽しかったです。
・三鷹市の環境に対する心が感じられました。食品ロスをなくし、エコを考える毎日を送ろうと思いました。

環境展

→終了しました

開催日

平成30年6月4日(月曜日)から6月8日(金曜日)
午前8時30分から午後5時まで(8日は午後3時まで)

場所

 市役所1階市民ホール

内容

「世界と私たちの暮らし 賢い選択で未来につなごう」

 私たちは日々、食料、洋服、エネルギーなど多くの「もの」を消費しています。私たちが消費している「もの」の生産背景を知ることは、とても大事なことです。
環境展では、先進国の大量生産や大量消費を見直し、未来につなげるための賢い選択に向けた啓発の展示を行います。
その他、ごみ対策課による食品ロスに関するパネル展示や小型家電の回収ボックスの設置を行います。

当日の様子

エシカルな消費や、コーヒー豆や携帯電話などの生産過程のパネル展示を多くのかたにご覧いただきました。
特に独立行政法人国際協力機構(JICA)の提供によるSDGs(持続可能な開発目標)のQ&A形式で楽しみながら学べる展示ボックスは、来場者の興味や関心を高めるものとして好評でした。
私たちが消費している「もの」の生産背景から、世界で起きている「気候変動」や「貧困問題」、「人権問題」などの課題を考えていただくきっかけとなりました。

アンケート結果

質問:日々の暮らしの中で環境のために取り組んでいること
回答数:45
・長寿命でエネルギー効率の良いLED電球を選ぶ…17
・風評被害にあっている地域の農産物を買う…12
・フェアトレードの商品を買う…9
・太陽光パネルのついた省エネ住宅に住む…3
・地元の農家さんから野菜を購入する…2
・オーガニックコットンで作られた洋服を着る…2

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

生活環境部 環境政策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2523〜2525) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

環境政策課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版