スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 都市再生推進本部事務局

公開日:2018年6月1日 最終更新日:2018年7月11日

画像:ディスカッションの様子(拡大画像へのリンク)

ディスカッションの様子

(画像クリックで拡大 38KB)

「三鷹市庁舎・議場棟等建替え基本構想」策定に向けた「専門家によるワークショップ」を開催

 市では、「三鷹市庁舎・議場棟等建替え基本構想」の策定に向けて、幅広く市民の皆様の声を反映させていくため、多様な市民参加に取り組むこととしています。
 その一環として、平成30年4月22日(日曜日)に、建築資格を有する市民の皆様にお集まりいただき、「専門家によるワークショップ」を開催しました。
 当日は、市が議論のベースとして作成した新庁舎等の配置案について、専門的な視点から様々なご意見をいただきました。これらのご意見については、平成30年6月3日に開催した「市民によるワークショップ」での情報提供資料に反映しました。

開催日時

平成30年4月22日(日曜日)午前10時から午後4時45分まで

開催会場

三鷹市役所第2庁舎241〜243会議室

参加者数

一級建築士の資格を有する市民 5人(公募により決定)

目的

市庁舎・議場棟等建替え基本構想の策定及び市民によるワークショップの実施に向け、市が議論のベースとして作成した新庁舎等の配置案をもとに、専門知識を有する市民の意見を反映することを目的とする。

テーマ及び議論の視点

テーマ

仮設庁舎を設置しないで整備を行う配置案、市民センター内に仮設庁舎を設置して整備を行う配置案について

議論の視点

市民センター内の動線、オープンスペースのあり方、工事工程など、配置計画の工夫

プログラム

※当日の配布資料については、ページ最後の添付ファイルをご覧ください。
なお、配布資料にある配置案については、専門家の皆様が話し合いを行う上で参考としていただくために作成したものであり、配置計画が決定したものではありません。

  • 市長あいさつ、参加者自己紹介
  • これまでの取り組み(庁舎等建替えに向けた基本的な考え方、市民意向調査、まちづくりディスカッション)
  • 計画の現況説明(現状、法規制、上位計画)
  • 市民センター内施設見学
  • 昼食
  • 配置案(4案)及び進め方の説明
  • 配置計画案についてディスカッション
    テーマ1 仮設庁舎を設置しないで整備を行う[1]、[2]案について
  • 休憩
  • 配置計画案についてディスカッション
    テーマ2 市民センター内に仮設庁舎を設置して整備を行う[3]、[4]案について
  • 休憩
  • 全体のまとめ、有識者コメント
  • 参加者の感想
  • 市長お礼のあいさつ

主な意見

仮設庁舎を設置しないで整備を行う[1]及び[2]案

  • [1]案と[2]案では、[1]案の方が工期も短く公会堂の閉鎖期間も短いので良いと思う。
  • [1]案は、人見街道から公会堂が見えないのが気になるが、一方で、公会堂には目的がある人が来るので、見えなくても大丈夫ではないかとも思える。
  • [1]案の公会堂のフライタワーの高さについて、近隣への配慮が必要ではないか。
  • 現状、さんさん館が半地下になっているため、断面検討を行えば、フライタワーの影響を少なくできると思う。
  • [1]案では、新庁舎、さんさん館、公会堂を回廊でつなぐことにより、広場の日よけにもなるし、施設間の連携にも役立つ。
  • [1]案、[2]案とも新庁舎の南側にさんさん館があるので、庁舎の採光などに配慮が必要
  • [2]案について、公会堂の位置を少し南側に移動することにより、公会堂の人だまりができるのではないか。
  • 更に、公会堂の形状を工夫して幅を狭くすることにより新庁舎と公会堂の間に通り抜け通路ができると思う。
  • 公会堂を南に少し移動や形状の工夫をしたとしても、[2]案の公会堂閉鎖期間は長いままである。
  • 公会堂の閉鎖期間が長いのは市民利用に影響が大きいことから、既存庁舎と今後整備する駐輪場・和洋弓場の間に公会堂をつくることにより閉鎖期間を短縮できるのではないか。

市民センター内に仮設庁舎を設置して整備を行う[3]及び[4]案について

  • [3]、[4]案は仮設庁舎の費用や工期の長さと計画の自由度を天秤にかけることになるのではないか。
  • [3]、[4]案はともに公会堂の閉鎖期間が長いため、このままでは市民の理解を得るのが難しいのではないか。仮設庁舎の位置を第2体育館の跡地と雑木林の位置につくることにより、公会堂の閉鎖期間を短縮することができるのではないか。

各案共通事項

  • 市民センター内の中庭やピロティでイベントが行われる庁舎は少ない。非常に良い空間だと思うので、今ある良さを消さないことを最大限配慮すべきである。
  • 三鷹市民としては緑化が重要になると考えている。
  • 計画にあたっては維持管理、修繕コストの抑制やエコ庁舎を意識すべきである。

このページの先頭へ

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(外部リンク)

このページの作成・発信部署

企画部 都市再生推進本部事務局
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2052、2053)  ファクス:0422-48-1419

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

都市再生推進本部事務局のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版