ここから本文です

三鷹市全体の取り組み

作成・発信部署:スポーツと文化部 スポーツ推進課

公開日:2018年6月6日 最終更新日:2018年9月11日

“2020年”に向けた三鷹市の基本方針

平成32年(2020年)に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)の開催が予定されています。オリンピック・パラリンピック競技大会は、世界最大の平和の祭典であり、あらゆる人々がスポーツに親しみ、夢や希望を持つ機会を広げ、スポーツの普及と発展に大きく寄与する可能性を有しています。また、東京2020大会開催の前年には、東京を含む日本の12の都市において、ラグビーワールドカップ2019(以下「ラグビーW杯2019」という。)の開催も予定されています。

三鷹市では、こうした東京2020大会等を契機とし、希望する誰もが東京2020大会等に参加できる環境づくりに取り組むことで、市民のスポーツを通じた健康づくりとコミュニティの創生等を実現するため、平成28年3月に「“2020年”に向けた三鷹市の基本方針~ラグビーワールドカップ2019、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に~」(以下「基本方針」という。)を策定しました。

なお、基本方針は、スポーツに留まらず、経済や観光、国際交流、文化教育などのさまざまな分野において、東京2020大会等を契機とした基本的な取り組みの方向性を定めています。
基本方針の詳細については、ページ下部添付文書をご覧ください。

東京2020大会等に関する三鷹市事業実施方針・事業概要

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019の開催に伴い、三鷹市では基本方針における3つの基本目標の実現に向けて、複雑かつ多岐にわたる取り組みを着実に推進するため、東京2020大会等に関する三鷹市事業実施方針・事業概要(以下「事業実施方針・事業概要」という。)を策定しました。

事業実施方針・事業概要では、第4次三鷹市基本計画(第1次改定)、三鷹市教育ビジョン2022(第1次改定)、三鷹市スポーツ推進計画2022、三鷹市観光基本方針などの三鷹市の関連計画だけでなく、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、ラグビーワールドカップ組織委員会、国、東京都などの関係団体の定める計画等を踏まえながら基本方針における3つの基本目標ごとに、策定年度の三鷹市の具体的な取り組み計画を定めています。今後、各大会の実施に向けて、三鷹市や関係団体の関連計画の策定・改定を踏まえながら、32年度(2020年度)まで年度ごとに計画を改定していきます。

事業実施方針・事業概要を進めることで、大会の成功だけでなく、大会を契機に得る貴重な財産、いわゆる大会後の「レガシー」の創出も見据えた、経済や観光、国際交流、文化教育など、さまざまな分野における三鷹のまちの更なる発展を目指します。

事業実施方針・事業概要の詳細については、ページ下部添付文書をご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 スポーツ推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2931~2934) 
ファクス:0422-45-1167

スポーツ推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る