ここから本文です

【6月1日】 東部水再生センターの汚泥の放射性物質測定結果 

作成・発信部署:都市整備部 水再生課

公開日:2018年6月11日 最終更新日:2018年6月11日

東部水再生センターの脱水汚泥に含まれる放射性物質の量を測定しました

三鷹市では、市内の下水を処理する東部水再生センターから発生した脱水汚泥に含まれる放射性物質の量を測定しました。測定結果は下表のとおりです。

脱水汚泥の放射性物質測定結果
試料採取日 放射性ヨウ素131 放射性セシウム134 放射性セシウム137
6月1日(金曜日) 165(Bq/wet-kg) 不検出 不検出
脱水汚泥
下水を処理する際に発生した汚泥から水分を取り除いたものです。なお、東部水再生センター内では焼却せず、脱水汚泥の状態で場外へ搬出しています。

引き続き定期的に測定し公表します

三鷹市では今後も、東部水再生センターの脱水汚泥等に含まれる放射性物質の量を定期的に測定し、ホームページで公表していきます。

空間放射線量も測定します

このほか、三鷹市では平成23年7月5日(火曜日)から市内6か所の定点観測地点を含む100か所で空間放射線量を測定しています。東部水再生センターについても、空間放射線量の測定をしています。

このページの作成・発信部署

都市整備部 水再生課 水再生センター係
〒181-0004 東京都三鷹市新川一丁目1番1号 三鷹市東部水再生センター
電話:03-3309-1447 
ファクス:03-3309-9148

水再生課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る