ここから本文です

自転車ロードレース 2019年にテストイベントが実施されます

作成・発信部署:スポーツと文化部 スポーツ推進課

公開日:2018年8月9日 最終更新日:2018年11月29日

画像:東京2020大会及び同テストイベントコースマップ全体図(男子)(拡大画像へのリンク)

東京2020大会及び同テストイベントコースマップ全体図(男子)

(画像クリックで拡大 58KB)

2019年に自転車ロードレース:東京2020テストイベント(仮称)の実施が決定!

 2018年11月22日(木曜日)東京2020組織委員会は、自転車ロードレースの第32回オリンピック競技大会(2020/東京)におけるテストイベントについて、以下のとおり公表しました。

競技概要

ロードレース(男子)

  • 日程等 2019年7月21日(日曜日)正午から午後5時15分まで(フィニッシュ時間は予定)
  • スタート 武蔵野の森公園、ゴール 富士スピードウェイ
  • 総距離 約189キロメートル、レース距離:約179キロメートル(スタート後10キロメートルはパレード走行)
  • 参加チーム ナショナルチーム(最大24チーム)
  • コース 東京2020オリンピック競技大会ロードレース(男子)のコース(富士山麓方面ルートを除く)
通過自治体:1都3県1政令指定都市13市町村
  • 東京都
    府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市
  • 神奈川県
    相模原市、山北町
  • 山梨県
    道志村、山中湖村
  • 静岡県
    小山町、御殿場市

 テストイベントは、東京2020大会の成功に向けて、競技運営および大会運営の能力を高めることを目的として行われるものです。2020年の大会本番で使用する設備や施設、会場において、課題の抽出、リスク精査に焦点をあてたテスト計画を遂行しつつ、各FA(ファンクショナルエリア)が[1]FOA(競技エリア)、[2]テクノロジー、[3]運営スタッフの3つの必須要素に注力した、いわゆる技術的部分を中心にテストを行います。

FA(ファンクショナルエリア)とは
大会ビジョン等を踏まえながら、安全・安心で確実な大会運営と、アスリートが最高ノパフォーマンスを発揮できる環境づくりを目指し、大会運営に必要な機能(大会運営、クライアントサービス、会場・インフラ等)を52の分野に分け、担当分野において具体的な実施内容の計画と運営を実施していく個々の組織のことです。
画像:東京2020大会コースマップ全体図(女子)(拡大画像へのリンク)

コースマップ全体図(女子)

(画像クリックで拡大 47KB)

自転車ロードレースの選手が三鷹市内を走り抜けます!(2018年8月9日公表)

 東京2020組織委員会は、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における自転車競技のロードレース(男子/女子)のコースを、国際自転車競技連合(UCI)の承認を得て決定しました。武蔵野の森公園をスタートし、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県を通り、富士スピードウェイでゴールします。

 三鷹市内のコースは、スタート会場である武蔵野の森公園内から「大沢グラウンド通り」へ出て北上し、「野川公園入口」交差点から「人見街道」を東八道路方面に進み、「基督教大裏門」交差点を左折し、東八道路を西に進むルートです。

注意事項
コースについては、今後、大会運営上の事由等により、一部変更される場合があります。

競技概要

ロードレース(男子)

  • 日程 2020年7月25日(土曜日)
  • スタート 武蔵野の森公園、ゴール:富士スピードウェイ
  • 総距離 約244キロメートル、レース距離:約234キロメートル(スタート後10キロメートルはパレード走行)

ロードレース(女子)

  • 日程 2020年7月26日(日曜日)
  • スタート 武蔵野の森公園、ゴール:富士スピードウェイ
  • 総距離 約147キロメートル、レース距離:約137キロメートル(スタート後10キロメートルはパレード走行)
通過自治体 1都3県1政令指定都市14市町村
  • 東京都
    府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市
  • 神奈川県
    相模原市、山北町
  • 山梨県
    道志村、山中湖村
  • 静岡県
    御殿場市、裾野市、小山町

スタート(武蔵野の森公園)付近のコースマップ拡大図を下記添付ファイルよりダウンロードできます。

コース公表に伴う都内通過自治体首長からの共同声明

 東京2020オリンピック競技大会における自転車競技ロードレースが、多摩地域において実施されますことを、大変喜ばしく思っております。
 本日公表されたコースは、男女ともに武蔵野の森公園をスタートし、多摩地域8市(府中市、調布市、三鷹市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、町田市)を通過した後、神奈川県、山梨県、静岡県内を通り、富士スピードウェイでゴールとなります。

 子どもたちをはじめとした多摩地域の多くの市民の皆様が、トップアスリートによる競技を間近で観戦し、競技の魅力を体感しながら、大いに楽しんでいただくとともに、世界中から訪れる方々に、多摩地域ならではの美しい自然や伝統芸能などの多様な文化に触れていただき、スポーツ振興や観光振興など、多摩地域全体の振興に繋がるよう、各市で連携した取組を進めてまいります。

2018年8月9日

  • 八王子市長 石森 孝志
  • 三鷹市長 清原 慶子
  • 府中市長 高野 律雄
  • 調布市長 長友 貴樹
  • 町田市長 石阪 丈一
  • 小金井市長 西岡 真一郎
  • 多摩市長 阿部 裕行
  • 稲城市長 高橋 勝浩

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 スポーツ推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2931~2934) 
ファクス:0422-45-1167

スポーツ推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る