ここから本文です

第380回 平成31(2019)年1月1日公開

作成・発信部署:企画部 秘書広報課秘書係

公開日:2019年1月1日 最終更新日:2019年1月1日

画像:落語家の林家木久扇さん、木久蔵さんと清原市長(拡大画像へのリンク)

落語家の林家木久扇さん、木久蔵さん親子と清原市長

(画像クリックで拡大 46KB)

新年を迎え、持続可能な開発目標「SDGs」から考える

 平成31(2019)年の新春を迎え、世界の平和と、皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。
 天候不順が続き、地震や水害などの災害が多かった昨年を経て、新しい年の息吹は、皆様の心と体にどのような意欲と活力をもたらしているでしょうか。
 2015年9月の国連サミットで150を超える加盟国によって全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されたのが、2016年から2030年までの国際目標「SDGs」です。
 「SDGs(Sustainable Development Goals)」とは、持続可能な世界を実現するための目標です。それは「貧困」「飢餓」「保健」「教育」「ジェンダー」「水・衛生」「エネルギー」「経済成長と雇用」「インフラ・産業化・イノベーション」「不平等の是正」「持続可能な都市」「持続可能な消費と生産」「気候変動」「海洋資源」「陸上資源」「平和」「実施手段」という17の目標で構成され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓っています。
 いわゆる開発途上国も、いわゆる先進諸国も、「持続可能な世界を」との視点に立って、多様な課題の解決を図ろうとする世界共通の目標の存在を知る時、私は、改めて私たちが活動する主たる暮らしの現場は、それぞれの働く場所、学校等の学ぶ場所、三鷹市という地域社会であることを再確認します。
 そして、世界が連携して「持続可能な世界」を目指す時、私は、地域での多様な人々の交流による「コミュニティ創生」の取り組みが大切と考えます。
 新年を迎え、皆様の多様な活動を通して、「地域で誰一人として取り残さない」、人権が尊重され、一人ひとりが自己実現できる地域社会を目指していきたいと思います。

新春対談  広報みたか2019年1月1日号 4・5面

落語家の林家木久扇さん、木久蔵さん親子をお招きし、かつて三鷹に住んでいた頃の思い出や健康長寿の秘訣、親子三代の子育てなどについて、清原市長と語り合っていただきました。

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課秘書係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2011) 
ファクス:0422-48-2593

秘書広報課秘書係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る