太宰治は、1939(昭和14)年9月から1948(昭和23)年6月まで三鷹で暮らし、
「走れメロス」「斜陽」や「人間失格」など、珠玉の名作を数多く世に送り出しました。
三鷹市は「太宰が生きたまち・三鷹」と銘打ち、太宰治顕彰事業を行っています。

【写真】太宰治
三鷹の家の縁側で 1940(昭和15)年春