三鷹市への寄付(ふるさと納税)
応援していただく事業をお選びください

寄付者からのメッセージ

寄付(ふるさと納税)をいただいた方からの応援メッセージ

新緑の「風の散歩道」を走るコミュニティバス(みたかシティバス)の写真
新緑の「風の散歩道」を走るコミュニティバス(みたかシティバス)

 三鷹市を応援してくださる多くの皆様から、温かいメッセージをいただいています。これからも三鷹市の応援をよろしくお願いします。

応援メッセージ(一部紹介)

  • 環境に優しいまちづくりを進めてください。
  • 災害に強いまちに向けた、震災対策を充実してください。
  • 子どもたちの未来のため、教育に関する取り組みを充実してください。
  • 子どもたちにやさしい事業を推進してください。
  • 障がいのあるかたがたが充実した市民生活を送れるようにしてください。
  • 緑の多い素敵なまちになるように遠くから願っています。
  • 年を取っても住み良いまちづくりなど、高齢者福祉の充実をお願いします。
  • 小学校・中学校・高校のスポーツや英語教育など、子どもたちの教育事業に役立ててください。
  • 道路開発における街路樹の古木桜などの自然を守っていってください。
  • 三鷹市内を花と緑でいっぱいにできるような、三鷹のまちづくりに期待しています。
  • 市のサービスに満足しています。待機児童の解消や保育サービスの充実のために使っていただければと思います。
  • 子ども・子育て支援の取り組みを充実してください。

三鷹市ゆかりの文学者顕彰事業への応援メッセージ

  • 55年前、浦和の女子高生時代に禅林寺の桜桃忌に参りました。 当時は臼井吉見氏や亀井勝一郎氏もいらして、ご一緒に桜桃をいただきました。 その後東京都の教師になったばかりの頃に文学散歩で再び三鷹を訪れ、更にその20年後から偶然三鷹に住むことになりました。 時代と共に三鷹は変貌を遂げましたが、それでも何か変わらぬものがあります。 それは、便利な割には自然が残っているせいなのか、現代的になりすぎていないせいなのか、ともあれどこかに矜持を保っている、大人には住みやすいいい街です。 何かに導かれるように三鷹に参りましたが、おそらくここで人生の終焉も迎えるであることも、そぞろ嬉しく思われます。
  • 太宰治没後七十年「太宰治 三鷹とともに」展、500円で良いのかと思うほど素晴らしい展示でした。 今若い世代や海外でも太宰治が人気で多くの人々が文学散歩に訪れています。 文学館が設立される事、願っております。
  • 結婚するまで三鷹市民でした。 Ⅰlove 三鷹!!
  • 文学者顕彰事業はよい着眼だと思います。
  • 戦前から文学者にとって由緒ある活躍された場所。 国家への平和な祈りを絶やさないように貴重な歴史が継承されることを望みます。
  • 三鷹に住んで40年、武蔵野の緑豊かで文化の薫り高い街で楽しく暮らしています。 感謝の気持ちでささやかながら山本有三、太宰治等ゆかりの文学者顕彰事業を応援したい。

山本有三記念館の改修工事への応援メッセージ(一部紹介)

  • 山本有三さんの代表作、路傍の石は現在の子どもたちが特に読んで欲しい本であります。この記念館を存続し勉強の場所として活用いただければとの思いで、このたび寄付いたしました。
  • たくさんの方々に訪ねて来られん事を祈ります。
  • 地元の寄付で記念に残る寄付ができて嬉しいです。
  • 地元民ですが、有三記念館は玉川上水と共に文化と自然の調和を感じさせてくれる貴重な建物だと思っています。ごく少額ですがお役に立てば幸いです。
  • より多くの方に立ち寄っていただけるような記念館に改修されることを楽しみにしています。
  • 大切な日本の文化を継承して下さい。
  • 小学校5年生の時に、宮崎県から武蔵野市に引っ越しました。むらさき橋のトンネルをくぐって通ったのが、有三図書館です。姉妹で通ってたくさんの本と出会うことができました。現在、近所に住まわせていただいているご縁もあり、改修工事のために少しでも足しにさせていただければ、幸いです。
  • 以前、文学好きの父に連れられて訪ねました。活字に弱い私は、展示物よりも美しい建築などに目が奪われた記憶があります。
  • 栃木県出身、三鷹勤務です。山本有三の作品が多くの人に読まれますように。
  • 三鷹に住む我々にとって山本有三記念館は誇りであり、三鷹・武蔵野の緑多い自然と相まって、素晴らしい住居と文化的施設として、後世に残し伝えていってほしいものと存じます。微力ながら応援の気持ちで寄付をさせていただきます。
  • 四季折々の趣ある美しい景観をいつまでも守っていただけるよう申し込みいたしました。将来は三鷹に移住して、夫婦で山本有三記念館を眺めながら風の散歩道を歩きたいです。
  • 三鷹市に山本有三記念館がある事を知りませんでした。子どもの頃、路傍の石を何回も読み返しました。改修後に伺うのを楽しみにしています。
  • 美しい景観をいつまでも残してください。
  • 山本有三記念館の建物・雰囲気、好きです。これからもメンテナンスして末永く保存・活用してください。
  • 有三さんの、平和と、未来ある人々への思いが受け継がれていきますように。
  • 小学生のころ、通い慣れた東部図書館ではなく少し遠い山本有三文庫に行ってみようと誘ってくれたのは、近所の友達でした。思い浮かぶのは、色づいた並木を有三文庫まで自転車で向かう様子。閉館ギリギリまで本を読んだものです。改修工事が終わったら、また訪れたいです。
  • 三鷹で生まれて、この地で還暦を迎えました。小学生の頃は有三文庫で本を読むのが楽しみでした。武蔵野の面影が残る閑静で素晴らしい環境と建物が末永く保存されることを願ってやみません。
  • 私は生まれてから転々としており、いわゆる故郷と呼べる所がありません。主人と出会い三鷹に住んで10年。先日遠出をした際疲れて三鷹駅に着いた時、ほっとしました。心底ほっとしました。その時ああ、三鷹が大好きだなあと思いました。文豪達が愛した街、三鷹は素晴らしい場所です。三鷹の宝、有三記念館を後世に残して欲しいです。
  • 地元市民です。この記念館は通勤途上にあることもあり、とても気になっています。少額の寄付ですが、少しでも役立てば幸いです。
  • 今から35年ほど前、小学3年生から4年生にかけて三鷹市に住んでいました。 当時は図書館になっており、山本有三文庫と言っていたと思います。本が大好きだった私は宝物を見つけた気持ちで、毎日毎日通いつめました。探偵物が大好きで、シャーロック・ホームズ、アルセーヌルパン、ブラウン少年の本等々をむさぼるように読んでいました。 司書のお兄さんとも仲良くなり、遊んでいただきました。本当に懐かしい思い出です。 普段ふるさと納税はしないのですが、こちらには本当にお世話になったので、何か力になれることがあれば嬉しく、寄付させていただきたいと思いました。
  • 各地の歴史的建造物を見学しております。建物を見て、そこに暮らしていた人たちの事を考えるとき、いつまでも、その建物が存続することを願っています。どちらの建物も、老朽化対策に頭を悩ましておられます。わずかばかりですが、一助になれば幸いです。
  • 自然の美しさによる心地よい環境をそのままに、三鷹市のさらなる発展を心より応援しています。

 事業についてくわしくは、山本有三記念館の改修工事(受付終了)をご覧ください。

寄付の実績

温かいこころざしに感謝と御礼を申し上げます

 毎年、三鷹市を応援してくださる多くの皆様から寄付(ふるさと納税)をいただいています。皆様からの寄付金は、ご希望の事業に大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

寄付金の受け入れ状況をお知らせします

 過去5年間の寄付の実績です。

注意: 開発行為に関する寄付金である「まちづくり協力金」及び「ほっとベンチ寄付金」は除きます。

寄付金の受入状況

年度 件数 金額
平成25年度 162件 429,789,015円
平成26年度 35件 24,667,204円
平成27年度 34件 3,838,008円
平成28年度 23件 27,114,632円
平成29年度 165件 32,571,233円

三鷹市企画部企画経営課

電話:0422-45-1151 (内線2111~2114) メールアドレス:kikaku@city.mitaka.tokyo.jp
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号 三鷹市役所本庁舎3階