みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争体験談〈動画〉

 戦争を体験された方が年々少なくなっていることから、戦争の記憶を次世代に受け継ぐことが難しくなっています。そこで三鷹市では、平成25年度から市民の皆様にご協力いただきながら、戦争体験談を映像で記録・保存する取り組みを行っています。
 このページでは、戦時中の三鷹の様子や、東京空襲による被害、広島と長崎の原爆の惨状などの体験談を聞くことができます。

三鷹での体験談

画像:「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦没者追悼式並びに平和祈念式典での「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」

戦争で家族を失った遺族の思いや平和への願いについてのお話。(平成26年8月 三鷹市公会堂光のホールにて収録・約13分)
語り手:吉野伊佐三様

画像:「そして60年 三鷹のまちは戦場だった」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

映像作品「そして60年 三鷹のまちは戦場だった」

戦争当時市内に在住していた3人のかたによる、戦時下の三鷹の様子についてのお話。(平成17年制作・約20分)
語り手:大関律子様、金川富美子様、福井英昭様

東京大空襲での体験談

画像:「最後の召集兵として」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

「最後の召集兵として」

東京大空襲を目撃した体験と、最後の召集兵として終戦間際の満州に渡ったお話。(平成27年1月 井の頭地区公会堂にて収録・約34分)
語り手:長谷緑也様

画像:「東京大空襲までの文通」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

東京大空襲までの文通

空襲被害を逃れるために、小学5年生で宮城県に学童疎開。毎週のように届いた父親の手紙から、戦争当時を振り返るお話。(平成28年1月 三鷹市役所にて収録・約35分)
語り手:新井純子様

画像:「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦没者追悼式並びに平和祈念式典での「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」

戦争で家族を失った遺族の思い、シベリア抑留の厳しい生活、東京大空襲や三鷹での空襲、終戦時の心境、平和への祈りについてのお話。(平成28年8月 三鷹市公会堂光のホールにて収録・約17分)
語り手:浅水久子様、小尾民子様、島田武治様

画像:「中島飛行機武蔵製作所の空襲 そして、出征」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

中島飛行機武蔵製作所の空襲 そして、出征

17歳から中島飛行機に勤め、武蔵製作所では、何度も工場の空襲に遭遇。結婚後すぐに陸軍に召集。当時の軍隊生活を振り返るお話。(平成28年11月 河原様宅にて収録・約33分)
語り手:河原錬平様

広島・長崎での体験談

画像:「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦没者追悼式並びに平和祈念式典での「いま語り伝えたいこと(戦争体験談)」

中学生の時に広島の爆心地から2キロ離れた自宅で被爆。当時の広島の惨状と平和への思いについてのお話。(平成27年8月 三鷹市公会堂光のホールにて収録・約14分)
語り手:大岩孝平様

画像:「ヒロシマの記憶 ~不条理の極限状態~」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

ヒロシマの記憶 ~不条理の極限状態~

17歳の時に広島の郊外で原爆を目撃。その後、母を捜して広島市内を歩き回ったお話。(平成27年2月 ご自宅にて収録・約39分)
語り手:佐野博敏様

画像:「長崎での被爆体験 ~7歳で被爆して~」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

長崎での被爆体験 ~7歳で被爆して~

7歳の時に長崎の爆心地から3.8キロの地点で被爆。原爆投下時とその後についてのお話。(平成26年10月 三鷹市役所にて収録・約27分)
語り手:西本治子様

画像:「父と私の最後の会話」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

広島での被爆体験「父と私の最後の会話」

18歳の時に広島の爆心地から600メートルの地点で被爆。被爆当時の状況とその後についてのお話。(平成25年10月 ご自宅にて収録・約33分)
語り手:出島艶子様

画像:「平和と命を考える~原爆・被爆体験を通して~」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

道徳授業地区公開講座「平和と命を考える~原爆・被爆体験を通して~」

中学生の時に広島の爆心地から2キロ離れた自宅で被爆。広島の原爆や平和への思いについてのお話。市内の小学生向けにお話ししたもの。(平成25年9月 中原小学校体育館にて収録・約56分)
語り手:大岩孝平様

画像:「長崎の被爆証言」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦没者追悼式並びに平和祈念式典での「いま語り伝えたいこと 被爆体験談」 あの時 私が見たこと「長崎の被爆証言」

15歳の時に長崎の爆心地から20キロの地点で被爆。被爆後の長崎の惨状と平和への思いについてのお話。(平成25年8月 三鷹市公会堂光のホールにて収録・約16分)
語り手:冨岡マサヨ様

画像:「私の広島原爆被爆体験」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

私の広島原爆被爆体験

爆心地から2.7キロメートルの広島陸軍被服廠で勤務中に被爆。原爆投下時の惨状や厳しい救護作業、核兵器のない世の中を望むお話。(平成29年3月 美藤様宅にて収録・約24分)
語り手:美藤勝子様

画像:「私のヒロシマの記憶」【前編】の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦後70年 地球市民講座「私のヒロシマの記憶」【前編】

戦時中の社会状況や広島の原爆被害の惨状などについて、被爆資料や原爆の絵などを用いて講演されたお話。(平成27年8月 三鷹市公会堂さんさん館にて収録・約46分)
語り手:佐野博敏様

画像:「私のヒロシマの記憶」【後編】の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦後70年 地球市民講座「私のヒロシマの記憶」【後編】

戦時中の社会状況や広島の原爆被害の惨状などについて、被爆資料や原爆の絵などを用いて講演されたお話。(平成27年8月 三鷹市公会堂さんさん館にて収録・約40分)
語り手:佐野博敏様

国外での体験談

画像:「戦艦「武蔵」の最期【前編】」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦艦「武蔵」の最期【前編】

海軍特別年少兵として、17歳で戦艦武蔵に乗艦。戦況が悪化する中、武蔵は敵の戦闘機を引き付ける囮役になることに。(平成28年2月 塚田様宅にて収録・約44分)
語り手:塚田義明様

画像:「戦艦「武蔵」の最期【後編】」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

戦艦「武蔵」の最期【後編】

戦艦武蔵が沈没。多くの仲間が亡くなる中で九死に一生を得たことにより、戦争や平和について思いを馳せるお話。(平成28年2月 塚田様宅にて収録・約38分)
語り手:塚田義明様

画像:「樺太(サハリン)に生きた日」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

樺太(サハリン)に生きた日

南樺太への旧ソ連軍の侵攻により、日本人差別や食糧難などの多くの苦労をされ、55年の歳月を経て、日本に永住帰国したお話。(平成28年3月 近藤様宅にて収録・約33分)
語り手:近藤孝子様

画像:「海軍軍医としての太平洋戦争」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

海軍軍医としての太平洋戦争

海軍軍医として艦船に乗り、同期の軍医の戦死から、戦争は運命の分かれ目と痛感。戦地での体験や広島での原爆投下に遭遇したお話。(平成29年2月 永井様宅にて収録・約45分)
語り手:永井友二郎様