みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

三鷹市の平和事業

三鷹市内の戦跡を訪ねるフィールドワーク講座

掩体壕

 戦時中、三鷹を含むこの武蔵野地域は、中島飛行機三鷹研究所、日本無線などの軍需工場や、これらの従業員のための営団住宅が建設され、当時は「飛行機工場の町」と呼ばれる「一大軍需工業地帯」でした。

 三鷹市では、市内に残る戦争の傷跡(戦跡)を実際に訪ね、市内における戦争被害や戦時下における状況を学び、参加者自らが平和について考えることを通じて、平和意識の醸成を図ることを目的に、「三鷹市内の戦跡を訪ねるフィールドワーク講座」を平成22年度から開催しています(平成22年度は東日本大震災の影響で中止)。

 本講座は、毎年、3月10日の「東京都平和の日」前後の週末に開催しています。参加者の募集については、2月に広報みたか、三鷹市ホームページ等でお知らせします。

【フィールドワークのコース例】

  1. 高射砲陣地台座と犠牲者慰霊碑(椎の実子供の家保育園)
     ↓
  2. 調布飛行場門柱
     ↓
  3. 旧特攻隊宿舎跡(大沢野川グラウンド)
     ↓
  4. 掩体壕「大沢1号・2号」(武蔵野の森公園)

詳しくは、三鷹の戦争遺跡をご覧ください。

画像:「最後の召集兵として」の一画面(拡大・再生へのリンク)

クリックで拡大・再生します

【動画】三鷹市内の戦跡を訪ねるフィールドワーク講座

平成29年3月12日(日)に実施した「三鷹市内の戦跡を訪ねるフィールドワーク講座」の様子 (約39分)