みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争関連資料〈写真〉

人びとの生活

人手不足・物資不足

練習機の木製プロペラ

クリックで拡大します

  • 戦時中に作られた練習機の木製プロペラ
  • 練習機の木製プロペラ
  • 練習機の木製プロペラ
  • 練習機の木製プロペラ
提供者
石坂 敏仁 様
時期
昭和17年~20年
場所
滋賀県大津
説明
お父様が、「海軍大津航空隊」に所属されていた当時の練習機(海軍九三式陸上中間練習機「K5Y1」)の木製プロペラ。1翅の長さ139センチメートル、最大巾28センチメートル、重さ12.3キログラム。 練習機は、最終的には日本本土と沖縄での決戦用(特攻隊)として準備され、沖縄に向かった戦闘機のほとんどが現着前に敵の攻撃を受け海に墜落した。

人びとの生活」の資料一覧へ