みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争関連資料〈写真〉

人びとの生活

戦争被害

広島の原爆で焼かれた皿と壺

クリックで拡大します

  • 原爆により焼けた皿1
  • 原爆により焼けた皿2
  • 原爆により焼けた皿3
  • 原爆により焼けた壺1
  • 原爆により焼けた壺2
提供者
穴村 宏 様
時期
昭和20年8月6日
場所
広島市
説明
ご本人が当時身を寄せていた広島市内の親類の家にあったもの。皿は熱風により釉薬(うわぐすり)が溶けており、壺も被爆し高温で焼け黒ずんでいるのがわかる。 ご本人は8月6日広島で、爆心地から1.7キロメートルの太田川の橋を渡っていた時に被爆。気が付いたら川に落ちて流されていた。

人びとの生活」の資料一覧へ