みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争関連資料〈写真〉

子どもの生活

学校・学童疎開

父から疎開先の娘への手紙

クリックで拡大します

  • 父から娘へのハガキ
  • 3月4日消印の最後のハガキ(宛名面)
  • 3月4日消印の最後のハガキ(文面)
  • 父から娘への手紙1
  • 父から娘への手紙2
提供者
新井 純子 様
時期
昭和19年8月~昭和20年3月
場所
東京都浅草-宮城県鳴子
説明
東京大空襲で亡くなったお父様から疎開先のご本人に宛てた封書(3通)とハガキ(33通)。 当時、小学5年生だったご本人は、昭和19年8月に実家のあった東京浅草から宮城県川渡村(現、鳴子町)へ学童疎開した。 実家のお父様から疎開先へは、一人娘の身を案じる手紙が毎週の様に届いたが、昭和20年3月10日の東京大空襲のわずか数日前、3月4日消印のハガキがお父様から届いた最後の便りとなった。

子どもの生活」の資料一覧へ