みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争関連資料〈写真〉

戦場・軍隊生活

従軍・抑留・帰還

ジャングルで食べていた大蛇・蜥蜴の皮

クリックで拡大します

  • ジャングルで食べていた大蛇の皮1
  • ジャングルで食べていた大蛇の皮2
  • ジャングルで食べていた蜥蜴の皮1
  • ジャングルで食べていた蜥蜴の皮2
提供者
森岡 寿美子 様
時期
昭和18年頃
場所
パプアニューギニヤ
説明
第二次世界大戦中、パプアニューギニヤ島のジャングルで、お父様が所属していた部隊で実際に食べていた大蛇や蜥蜴(とかげ)の皮。お父様は現地で戦死され、当時の部下の方がお父様の形見のような形で持ち帰られたものとのこと。年数の経過で乾燥が進んでいるが、昔はもっと幅があり、日本では見られないくらい大きな生物だとびっくりしたとのお話。

戦場・軍隊生活」の資料一覧へ