みたかデジタル平和資料館戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

戦争関連資料〈写真〉

人びとの生活

戦時中の日常

マッチ箱

クリックで拡大します

  • マッチ箱
提供者
堀江 弥太郎 様
時期
昭和15、18年
場所
自宅、中国
説明
戦時中のマッチ箱。新高のマッチ箱は、昭和15年にご本人が日本で買ったもの。新高とは、日本統治時代に富士山よりも高い「新しい日本最高峰」の意味で新高山と名付けられた台湾にある山で、現在の玉山。スパイ御用心の文字が入っている。鉄塔のマッチ箱は、昭和18年にご本人が満州新京に従軍していた際に買ったもの。江南省開封市の開宝寺鉄塔が描かれている。

人びとの生活」の資料一覧へ