緑と水の公園都市 三鷹市
このページはみたかの教育のバックナンバーです。 応募・募集・申込期限が終了している場合がありますのでご注意ください。

みたかの教育2018年1月21日2面

■「くまの子ウーフ」原稿など神沢利子さんの資料700点が寄贈されました

 「くまの子ウーフ」「ふらいぱんじいさん」などで知られる、市内在住の児童文学作家・神沢利子さんから三鷹市に、直筆原稿や創作メモ、スケッチ、絵本や挿絵の原画など700点を超える資料が寄贈されました。市立図書館では、昨年11月から12月にかけて、これらの貴重な資料をお披露目する特別展(※)を開催しました。今後も、多くの方が絵本や児童文学に親しんでもらうために、寄贈資料を活用していく予定です。
※特別展の展示は、内容を縮小して2月4日(日)まで実施しています。

 →三鷹図書館(本館)TEL43-9151

特別展「神沢利子さんのおくりもの」を開催
 三鷹図書館(本館)2階で開催した特別展では、三鷹市と神沢さんにゆかりのある資料のコーナー、樺太での幼少期を原点とした「北」や「いのち」をテーマとするコーナー、神沢さんのお話と著名な画家たちの挿絵による絵本のコーナーなどで、多彩な作品世界の魅力を紹介しました。市民の方はもちろん、市外、都外からの来場もあり、「見応えのある展示だった。子どもたちにもたくさん読んであげたい」「神沢利子さんの本に改めて親しみを感じた」など、多くの声が寄せられました。
 図書館では、今後も、寄贈された資料を公開する企画展などを実施する予定です。また、三鷹図書館(本館)1階の絵本コーナーに神沢さんの常設コーナーを設置し、その中でも寄贈図書や原画を活用することを検討していきます。

※写真はPDFをご覧ください。


■「三鷹市立図書館の基本的運営方針」を策定しました

 「第4次三鷹市基本計画(第1次改定)」の第7部第1生涯学習の推進 2図書館活動で示す施策および主な事業の推進にあたり、図書館の果たすべき機能と役割、運営の方向性をより明確にし、同基本計画の着実な進展を図るため、平成29年12月に「三鷹市立図書館の基本的運営方針」を策定しました。

めざす図書館像
人と本と情報がつながり、市民に役立つ身近な図書館

基本理念
三鷹市立図書館は、市民の自主的な学習を支援し、市民の生活の中にある課題を解決する地域の情報拠点、次世代を担う子どもたちをはじめとするすべての市民の豊かな読書活動の拠点として、図書館活動を推進します。また、「人と本」「人と情報」「人と人」をつなぎ、市民に役立ち、市民に寄り添う図書館活動により、人と人が交流するまちづくりにつなげていきます。

4つの柱
●「知る」「調べる」「学ぶ」を支える図書館
●すべての人に読書の楽しみを広げる図書館
●市民とともに歩み、交流する図書館
●市民の期待に応える図書館

 4つの柱ごとに推進する事業を掲げ、取り組んでいきます。また、具体的な数値目標と図書館活動に対する評価を定め、点検・評価を行い、その評価結果を公表することにより、図書館サービスの向上を図っていきます。

 →三鷹図書館(本館)TEL43-9151

くわしくは三鷹市立図書館ホームページ
https://www.library.mitaka.tokyo.jp/をご覧ください。


■「三鷹市川上郷自然の村」をご利用ください

 三鷹市川上郷自然の村は、高原野菜で有名な長野県川上村高登谷高原保健休養地内にある校外学習施設です。市立小・中学校の自然教室で使用しない日は、保養施設として広く一般の方にもご利用いただくことができます。敷地内には、フィールドアスレチックやキャンプ場などのレクリエーションエリアもあり、体育館や広いグラウンド、学習室や多目的ホールは、スポーツ等の団体の合宿や研修などにも利用されています。ぜひ、ご家族やお仲間とご利用ください。

 →総務課TEL内線3213

好評! 宿泊とリフト券付き「わくわくスキープラン」
 川上郷自然の村の宿泊と近隣のスキー場の1日リフト券がセットになったお得なプランをご利用できます。冬の八ヶ岳エリアは晴天率が高く、子どもから大人まで楽しめる多彩なゲレンデが魅力です。川上郷自然の村には乾燥室が完備されており、温かい料理で皆さまのお越しをお待ちしております。
【利用できるスキー場】シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳、小海リエックス・スキーバレー
1泊2日(夕・朝食付き)
1日リフト券1枚付き6,000円から(2,300円で1枚追加購入可)
2泊3日(夕・朝食付き)
1日リフト券1枚付き9,700円から(1枚2,300円で2枚まで追加購入可)
※先着制。販売数に限りがありますので、お早目にお申し込みください。予約時にスキープラン利用とお伝えください。

星空観望ツアーを実施しました!
 昨年11月11日(土)、12日(日)に実施した「星空観望ツアー」に、未就学のお子さんからシニア世代まで21人の方にご参加いただきました。標高1,500mの高地のグラウンドで、「星のソムリエ」こと星空案内人の分かりやすい解説で、秋の星座や天の川、流れ星を観察したほか、デジタル立体地球儀「ダジック・アース」(写真)を使って普段は見られない地球や月の姿などを見ることができました。
[ツアー参加者の声]
●親子でゆっくり五感を通して本物の星空を眺めたことは良い思い出になりました。
●三鷹市役所発着のバスツアーだったので、参加しやすかったです。

宿泊の申込・問合せ
三鷹市川上郷自然の村
〒384-1406 長野県南佐久郡川上村大字原591番地362
TEL0267-97-3206 FAX0267-97-3207
[HP]http://www.sizennomura.jp/

※写真はPDFをご覧ください。


■新鮮でおいしい!学校給食で「三鷹産野菜の日」

 三鷹市の学校給食では、市内の農家の協力を得て、子どもたちに新鮮でおいしい野菜を提供するとともに、食育、地産地消、都市農業振興の観点から、市内産野菜の活用を推進しています。
 昨年12月6日、市立全小・中学校の給食では、東京むさし農業協同組合と協力農家のみなさんが届けた、旬のにんじん、白菜、大根、ブロッコリーを使った、「三鷹産野菜の日」を実施しました。メニューは、小学校では「豚汁とブロッコリーのおかか炒め」、中学校では「三鷹産野菜のそぼろ煮とブロッコリーのごましょうゆ」で、各学校の栄養士が工夫を凝らしたものでした。
 第七小学校では、3年生の学級にお二人の協力農家の方をお招きし、子どもたちが一緒に給食を楽しみながら、三鷹産野菜のおいしさ、都市農業の大切さを実感してもらいました。

 →学務課TEL3238

※写真はPDFをご覧ください。


■教育センターが一時移転しました

教育センターは、耐震補強等工事のため、平成31年(2019年)5月(予定)まで次の場所に一時移転して業務を行っています。

 →総務課TEL内線3223

【教育センター暫定施設】
新川6-35-28(旧総合保健センター)

※地図はPDFをご覧ください。


■教育振興基金のご案内

 三鷹市では、学校教育の充実や生涯学習の推進など、教育振興を目的とした寄付金を募集しています。みなさんからいただいた大切な寄付金は、原則として基金へ一度積み立てたうえで、寄付をしていただいた方のご意思にそって事業に活用します。
 寄付のお申し込みは、窓口(市役所本庁舎2階 相談・情報課)や郵送のほか、市ホームページの特設サイト(http://www.city.mitaka.tokyo.jp/furusato_nouzei/)からも簡単に行うことができます。
なお、市への寄付金は、所得税や住民税の控除対象になります。三鷹の教育へのご支援をお待ちしております。

 →総務課TEL内線3213


※詳細はPDFをご覧ください。


▲このページの先頭へ

目次ページに戻る

トップページへ戻る


三鷹市役所 〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号 電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)